森の空想ミュージアム

2008年4月に旧・由布院空想の森美術館所蔵の「九州の民俗仮面」90点が九州国立博物館の収蔵となった後、九州民俗仮面美術館の展示は、一度「空白」となりましたが、その後約8年の間に、少しずつ仮面が集まってきて、現在は、100点を越える仮面が壁面を飾っています。様々な事情によって流出し、世間を漂泊していた仮面たちが、またこの宮崎の地へと帰ってきているのだと私たちは考えています。仮面の流出と漂泊については、このホームページ「漂泊する仮面」の項のほか、いろいろな機会で詳しく述べてありますのでご覧下さい。集まった仮面の中には、古形を示す翁や道化、神王面、高千穂神楽面一式、狐面、兎面、田の神面、女面、弥五郎面など貴重なもの珍品など多数あります。以下にその主なものを掲示し「仮面解説」のページで説明を加えてゆく予定です。